子育てからの人生再デザイン メールレター

子育てをきっかけに「生きる」と「働く」を再デザインする
人生再デザインコンサルタント
篠田恵です。

メールレターへの登録はココをクリック!

「LIFE SHIFT」とか「人生デザイン」と聞いて、あなたはどう感じましたか?

「そういえば、育児に家事に忙しく、自分の人生について考えたことがなかったかも・・・」
「毎日、目の前のやらなきゃいけないことに追われ、これからのことについてなんて言われても想像できないな・・・」

と、気がつけば頭の中は子どものことばかりというお母さんもいれば、

「そうそう、最近ふと1人になった時に考えるんです、これからは自分のために時間を使いたいって、でも何から始めたらいいのかわからない・・・」

と、すでに子育てがひと段落して、やっと今後の自分の人生について、考える余裕が出来たというお母さんもいると思います。

 

通常「人生を再デザインする」というと、定年退職したお父さんが会社員時代とは違うライフステージ(起業やNPOなど)に踏み出す姿を想像されると思いますが、ここでいう「人生再デザイン」は、定年後のおじさんの話ではありません。

定年後のおじさんではなく、子育て中の母親の「新たな生き方・働き方」を意味しています。

親世代とは違い、現代は女性の社会進出とともに、ライフイベントのタイミングが20代から30代へと移行し、晩婚・晩産化が進んでいます。(参考:「第1子出生児の母親の平均年齢」東京都は32歳)

とはいえ、今でも、母親世代と同じように、96%の女性が結婚を選択し、子どもは2人欲しいと希望する女性が大半を占めています。

しかし、現実は・・・
1人の女性が生涯に産む子どもの数は1.46(東京は1.17)と、人口が減り続けています。

また、出産・育児のため離職する女性は5割、約26万人(総務省「平成24年就業構造基本調査より」 と驚くほど多く、30歳で結婚し、35歳で出産し、14年勤めた会社を退職し、一児の母である私も、まさに典型的な現代女性の一人です。

私の周囲を見渡しても、出産を機に退職し、子どもはひとりという女性は多く、結婚・出産の選択が遅れることで、30代〜40代の間に「子育て・家事・仕事・介護にまつわる決断と選択」が一気に押し寄せ、ストレスフルになっている現状を目の当たりにしています。

フリーランスとなり、子育て期の女性の相談を受けてきて、ある共通点があることに気がつきました。

「私の人生、このままでいいのだろうか?」 

と悶々とこれからの生き方・働き方に疑問を抱き、悩み始める2つのタイミング、それは、あなたにも、心あたりがあるかもしれません。

まず一つ目が、子どもを出産し、子育てする中で、自分が今まで大事にしてきたことの優先順位が変わった時。

2つ目が、生きるために働く必要がなくなった時。

それもそのはず。

だって、出産前までは、今までは決められた時間に与えられた仕事さえしていれば、勝手に給料が振り込まれ仕事以外の時間は好き勝手できていたんですから。

言うなれば、自分主導で自由にものごとを決断できる環境にいました。

でも、出産後はその状況が一変します。

まず、育児に家事にと忙しく、睡眠時間すら充分にとれない。

「座ってゆっくり食事もできない。まとまった睡眠がとれない。。。 

「やっと食べられる」と思ったら、冷えてる・・・ 

温かいものを温かいうちに食べられる、食後のコーヒーが飲めることがどんなにありがたいことだったのかを思い知った瞬間でした。

それでも、目の前の我が子は、なんとも愛おしい。 

自分のことより、子どものこと 
自分のことより、助けを求めている人 
自分のことより、困っている人

このように徐々に、自分ごとから他人ごとへ
他者視点・社会視点が育まれていくのも子育て期のお母さん・お父さんの素晴らしい特権であり、特徴です。

子育てを通じ目の前の人のために 自分のできることを惜しみなく提供するようになり 大事にしたいものの優先順位が変わるのが、 産後、そして子育て期の女性の大きな特徴だということを500名を超える女性の相談にのってきて、学ばせていただきました。

だからこそ、この変化を好機と捉え、 晩婚・晩産で体力的には、正直しんどいかもしれませんが、ちょいとここらで、自分自身の人生を再デザインしてみませんか?

専業主婦の方は、

もう一度働く
新しく働く
子育てしながら働く

について、一緒に考えてみませんか?

だって、あなたには産前に培ってきた、社会人経験があるじゃないですか!

産後は地域の子育て支援センターや、幼稚園の催し・小学校の行事・地域のお祭りと、 子どもがいたからこそできた経験や視点や問題意識を兼ね備えているではないですか!

子どもやお母さんが病気の時、困った時、助けあうことのありがたさもきっと体感してきたのではないでしょうか?
そして何よりも、育児に家事に学校行事に地域活動に、人とのつながりを直に感じ、親子共々成長し続けた毎日の積み重ねこそ今後の財産となりうるお宝経験ではないでしょうか?

あなたが、今までの人生で


「何を大切に、どんな風に生きてきたのか」 


そして、これからの人生


「何を大切に、どんな風に生きていきたいのか」 


あなたの人生を再デザインする上で欠かせない哲学的な問いに対峙しながら、私と一緒に正解のない旅に出てみませんか?

人生をデザインする上で必要不可欠な情報と知識、自己分析を集約し、4つのステップにまとめたのがこちら。

あなたオリジナルの人生シナリオを描くことで未来の生き方、働き方が大きく転換することをぜひ、あなたにも体感してもらいたい!
是非、可能性あふれるあなたにも、人生の転換を図ってほしい


そういった思いから、メールレターを綴っています。

  • 自分の本当の望みを知って、新たな一歩を踏み出した女性からのメッセージ
  • 今後、あなたが自分の人生をデザインし、選択するために必要な情報や知識
  • 脳みそをアップデートするのに役立つ本、WEB情報のご紹介

など、惜しみなくシェアしていきます。

新しい人生ステージへと歩みを進め学び、成長し続ける女性の 思考や習慣を知って、あなたの脳みそに革命を起こし、自分流にアレンジして、まずはやってみることです。

  • あなたにできることで(得意・強み)
  • あなたがやりたいことで(好き)
  • あなたがが必要とされていることで(求められること)
  • ありがとうと感謝されること(感謝されること)

必ずあります、そして、きっと見つかります! そのためには、じーっとしててもどうにもならない! 
(By ウルトラマンジード)

このメールレターがあなたオリジナルの人生シナリオを構築し、子育ても仕事も自らの意思で舵取りし、前向きに生きる女性のお役に立ちますように。

一字一句を綴っていきます。

また、メールレターでは、お一人お一人との対話も取り入れ、双方向でのコミュニケーションの場としても活用していきたいと思っています。

ともに学び、ともに成長し、ともに助け合っていきましょう!
どうぞ、末永く、よろしくお願いいたします。 

メールレターへの登録はココをクリック!

子育てをきっかけに「生きる」と「働く」を再デザインする
人生再デザインコンサルタント
篠田恵