0歳からの公文式→2歳半からのモンテソーリ幼稚園→年中から花まる学習塾

0歳からの公文式→2歳半からのモンテソーリ幼稚園→年中から花まる学習塾

0歳から公文式を始め、2歳半からモンテッソーリ幼稚園に通い、年中秋から花まる学習塾に通っている親子の悪戦苦闘の物語です。。。

向き・不向きがある 公文式

0歳から3年間続けてきた「くもん式」を退会しました。

公文式学習には、向き不向きがある。
同じことの繰り返しで、基本の型を体得していく公文。

0歳の時は、保育園・小学生・中学生と刺激溢れる環境に興味しんしんで、親子で楽しく通っていましたが、
モンテッソーリ教育の環境を知った2歳半から、公文も母子分離で通うようになり
徐々に、徐々に
楽しかった公文の教室が、
楽しくない公文の教室に変わっていったようです。

 

息子と私が「くもん式」をやめた理由

「行きたくない」という息子に、「どうしたの?」と聞いてみると・・・
「二語文、三語文の音読」が、いやだと。
「二語文、三語文の音読」がいやなんだと。

確かに、私も、0歳〜2歳半まで親子で一緒に取り組んでいたので、わからなくもないな〜と。

「二語文、三語文の音読」は絵本と違い、
「イヌがあるく」「イヌがあるく」「イヌがあるく」
という文章をただただひたすら繰り返す取り組みで、ストーリーもへったくりもないんです。

「どうやったら楽しくなるかな〜」と、私も何度も挑戦しましたが、いつまでたっても面白くない(笑)

と、いうことで、くもんの先生に聞いてみました。

「絵本と違いストーリーのない二語文の繰り返しを、嫌がっても続けることが、今の幼児期に必要なのでしょうか?」と。

そこで返ってきた返答が「今はいやだと思っても、先々やっててよかったと思う時がきっとくるから」と。

結果、私は、4年間のくもん生活に終止符を打つことにしました。

一人一人に合わせた教育と指導

くもんの考え方は、大好きでした。

「生まれたら、読み聞かせ10000回、童謡200曲」

「一人一人に合わせた教育と指導」

読み聞かせも、童謡も、心の根っこを育むために、親子で取り組める簡単だけど続けるのは難しいことだから。
一人一人に合わせた教育も指導は、個々の情熱を育むのに欠かせないことだから。

けれど4年間通い続けてみての感想としては、この創業者の想いを体現する方法が、やや教材に偏りすぎているようにも見受けられました。

「一人一人に合わせた教育と指導」は、言うは易し、行うは難しで、
くもんの先生になることはできても、現場で創業者の想いを体現するのは難しい。

けれど、子ども達とともに取り組みながら、子ども達と一緒に成長できる素晴らしい仕事だと思います。

公文は変わっていない、変わったのは、私の視点

息子が1歳になる前に転勤で品川に引っ越し、近隣の公文の教室を探し、いくつも体験を受け
「この先生から学びたい!」と自分で決めた先生。

公文式の関連図書を読み、創業者の想いに共感し、
「公文式を学びたい!」と自分で選んだ教育法

3年前から公文式も先生の方針も変わっていない。

変わったのは、私自身の視点でした。

7つの幼稚園から、モンテッソーリ教育を現場で実践している幼稚園を選び、プレ幼稚園に通いはじめたと同時に、フリーランスで仕事をはじめるようになり
世界観がグーンとひろがり、
出会う人も、情報の取り方も
専業主婦時代と180度変わった私。

そうです、変わったのは、私の視点だったのです。

公文がどうだ、先生がどうだといった自分の外の問題ではないのです。

新たな視座を与えてくれるNewsPicks(ニューズピックス)

去年の夏に公文をやめ、10月から、親子で楽しく通っている「花まる学習塾」

NewsPicks(ニューズピックス)で高濱先生の記事を読み、即体験へ!

息子の意思と、息子の表情と目の輝きをみて、即入会を決断しました。

正直、私が学びたいくらい、熱気に溢れた先生と子ども達!

「公文には公文の良さがあり、花まるには花まるの良さがある」

公文の良さが、基本の型をとことん自分で習得することならば
花まるの良さは、個々の興味をとことん追求するところにあると感じています。

大事なのは、敏感期である我が子に向いた環境と指導法と指導者選び。

息子の通う幼稚園も、個々の興味を見守り育む「モンテーソーリ」教育なので、4歳の息子と相性がよかったのは、言わずもがな・・・花まるでした!

「社会に出てから活躍する人には3つの共通点」

花まる学習塾、創業者高濱先生による「社会に出てから活躍する人には3つの共通点」

子育て中のお母さんにぜひとも読んでいただきたい、こちらの記事。

https://story.hanamarugroup.jp/blog/347

「社会に出てから活躍する人には3つの共通点」とは・・・

  1. 母の愛への信頼
    「愛されているに決まっているではないかという自信」
  2. 没頭体験
    「何かをやり始めると周りの声が聞こえない」
    外遊び、スイミング、サッカー、囲碁、ピアノ、部活 etc のめり込んだ経験
  3. 読書
    「人生のある時期に読書にのめり込むことが人間力につながる」

こちら以外にも、3つのエピソードが紹介されているのですが、一つ一つが、まぁ〜心に響くのなんの・・・

「親が知らない言葉をすぐに調べる」行動習慣
「スポーツ界のコーチのあり方」の変化
「頑張っていた親」

息子とともに私自身も
「日々、成長し続ける大人でありたい!」

そう心に誓った高濱先生からのコドバでした!!

https://story.hanamarugroup.jp/blog/347

高濱先生の半生を追う連続シリーズはこちら

「入試結果より、社会に出てからメシが食える力が大事」という問題意識をもち、25年前から取り組んできたイノベーター高濱先生の半生を追う連続シリーズ。

各界にパラダイムシフトを起こしてきた先人たちの、生い立ちや人生を深掘りする「
NewsPicks(ニューズピックス)イノベーターズライフ」は私の大・大・大好きなコーナーの一つです!!

「誰から学び、誰とともに成長し続けたいか」

母親である私たちは、学校や習い事など「どこを」「誰を」選択するか、過剰な選択肢の中から選んでいかなければいけません。

子どもへの影響力を大きくもつ「指導者」

「誰から学ぶか」ここを見極めるのには、
誰がどんな想いで経営しているのか、
経営者の生い立ち・過去の経験・家庭環境を知ることは、判断する上での大きなヒントになります。
(ただ、現場の末端まで、経営者の想いが伝わり実践されているかは、また、別途見極める必要がありますね)

https://newspicks.com/news/2689470

あなたの子育てモットーはなんですか?

「あなたの子育てモットーはなんですか?」

と聞かれて、すぐにこたえられますか??

もし、うーーーーーんと、
考え、言葉で表現できなかったとしたら、今が、自問自答のチャンスです!!

Newspicks 2018年、我々はどう働くか?

ジェイ・エイブラハム(Jay Abraham)
米国生まれの実践マーケティングの巨匠は、

Newspicks 2018年、我々はどう働くか?の特集で以下のように述べています。

Newspicks 2018年、我々はどう働くか?より一部引用〜

多くの人は自分の価値を高めるために、「何を、なぜ、どのように」すべきかを自問するアプローチについて、あまりよく知らないように見えます。

「コントロールされている状態」は、個人にとって、決して満足いく状態ではありません。

私が言いたいのは、自分が今まさに何をしているのか、なぜそれをしているのかということを心の底から納得する必要がある、ということです。

みんなとりあえず一生懸命働いて、毎日をなんとかやり過ごし、そしてリタイアしていくのだ、と考えているのでしょうか。私はその考えには反対です。

〜途中省略〜

私個人で言っても、自分が何者かを理解するまでに、10回はトライ・アンド・エラーがありました。

ここでも、自問することの大切さが問われています。
時代の転換期、自問する絶好のチャンス!

あなたにとっての働く、生きる、子育てするとは・・・

私の中では、働くことは生きること。
生きることは働くこと。
働き続けることは、学び続けること。
学び続けることは、成長し続けること。

それは、いくつになっても変わらないと
自分の祖父母や両親の姿から学び、

そう思っています。

そして、息子にとっても
「学ぶことは楽しいこと」であって欲しい。

学びことは、人から強制されてやることではなく
自分で興味を持って、自分でやること。

私自身も母親から「勉強しなさい!」と言われた記憶はなく
今でも、新しいことを学ぶことはこの上ない喜びです。

息子にとっても、
学ぶことは楽しいことであって欲しい。

これが、私の子育てモットーの一つであり
続けるか、やめるかの判断軸でもあります。

後悔しない「子育て」×「働く」

ほぼ毎日「子育て」と「働き方」に関するお役立ち情報を更新している

こちらのFBページ
https://www.facebook.com/mirainomamacareer/

あなたの「いいね」が励みになります!!

共感したら、はてなブックマークやfacebookのシェアで応援お願いします!