「チームで働く」過去の痛い失敗例(ママコミュニティ運営編)

15年間の「チームで働く」を振り返り

フリーランスのコーチ・セミナー講師となり、もうすぐ2年。

一人も悪くないけど、
やっぱりチームで働きたい!!

なので、5月からチームでの活動をスタートします!

14年間、ルイヴィトンではチームで働いてきました。
そのうち10年間は、店舗マネジメントの立場で
チームを導く役割を担ってきました。

そして、3年前、
12名のお母さんでコミュニティを立ち上げ
1年で代表を辞め、今に至ります。

累計15年間の「チームで働く」経験を振り返り
数々の挫折や失敗談も含め

「チームで働く」ことの意味について
私なりの見解をお送りしていきます。

今回は、
ルイヴィトン全国5店舗での転勤経験から
その都度0からチームを創るために取り組んだ
3つのポイントについて

これから、自分のコミュニティを運営していきたい

そんなあなたのお役に立ちますように!

そうそう、もういい加減、

「自分にあう場を探すのはやめにしませんか?」
ないなら、自分でつくっちゃえばいい!!

探すから創るへ、発想の転換です。

【0からのチームビルディング3つのポイント】

1、マンツーマンでのヒアリング

幼少期まで遡り、
今後、会社の枠を超えて
どんなことにチャレンジしたいのかまでを

まずは、
感情面と実務面からヒアリングします。

なぜって・・人は、
自分に興味をもってくれる人が好きだからです。

そして、話をしている最中の、
相手の表情・目、しぐさに注目してください!!

目を見開く、
声が大きくなる手振り、
身振りが大きくなる・・・など

イキイキして、
ノリにのって話をするポイントを
発掘できたら、はなまるです。

ノリノリポイントは、
さらに深掘りしていきます。

【感情面 質問例】
・幼少期の夢、どんなことして遊んでたか
・何をしている時楽しかったか
・部活など、夢中で取り組んだことは
・好きなことは
・嬉しかったことは
・得意なことは
・褒められたことは
・やりたいことは
【実務面 質問例】
・学生時代どんなことを学んできたのか
・また、なぜそれを選んだのか
・前職ではどんなことをしてきたのか
・また、なぜそこを選んだのか
・今までルイヴィトンでどんなことをやってきたのか
・また、なぜルイヴィトンを選んだのか
・今までの上司からはどんなフィードバックを受けてきたのか
・また、それに対してどのように感じたか、
・それを受けて、どのように行動を変えてきたのか
・これから、どんなことを具体的にやっていきたいのか
・尊敬している人。目指している人は?
・今後のルイヴィトンでの具体的な目標は?
・人生全般の目標は?

まずは、後にも先にも
聞くに徹する。
これにつきます。

 

 

2、観察

【観察ポイント】
・毎日の表情、発する言葉、動き
・店頭では接客していない時、何をしているのか
・接客中は、どんな会話をしているのか
・バックヤードでは、どんな動きをしているのか
・店頭人員以外の時、何をしているのか
・開店前、閉店後、自分の自由時間に何をしているのか

タイムリーにメモを取り、
プラスのフィードバックしていきます。

気になったことは、
その場でヒアリングしていきます。

(振り返りを行う際は、事前にフォームを準備し、記入してもらってから行うと内容が深まります)

しかし、同じ職場じゃない場合が
ほとんどですよね。

子育て中で
なかなかリアルで会うのが難しいなど
相手の動向をその場でタイムリーに
把握するのには限界がありますよね。

その場合は、
以下のような便利なツールを活用しましょう!!

【オンライン:便利ツール】
・マンツーマンのFBグループ
・FBメッセージ
・マンツーマンのチャットワーク
・LINE
・スカイプ
・ZOOM

お互いにとって
無理なく継続できるツールを選択し
タイムリーなコミュニケーションを
オンライン上で行っていきます。

しかしながら、
リアルに勝るものはない!
というのが私の実感値です。

わざわざ会いに行き、
目をみて、話しをするって、

今の時代、これからの時代、
さらに重要性が増すと感じています

3、役割を伝え、方向性を指し示す

【1、2の結果を踏まえ】
・強みを活かせるポジションに配置。
・そのポジションの目的と方向性、そして、意味合いを伝える
・本人の同意のもとで、具体的な目標数値を決定。
・目標を達成するために必要な材料をヒアリングし、準備を整える。
・あとは、自由にやりたいように任せる。

 

この時、くどいほど伝えてきたのは

完璧を目指さない!8割でいい
とにかく、スピードが大事

ということ。

結果として、
この3要素がうまく稼動し、
3ヶ月で前年を大幅に超える
売上実績を達成しました。

大体、どこの店舗でも
結果がでるまでに3ヶ月。

その間も、マンツーマンでの振り返りは少なくとも、毎月30分。

接触回数は多ければ多いほどいいです。

コミュニティの場合は
会社組織ではないので
特にチームメンバーの
目的・動機が重要になります。

何を目的に、どんな事をやりたいのか、何ができるのか

しっかりと見極める事が重要です。

過去の痛い失敗!

ママコミュニティをスタートする時は
目的・動機よりも
人数集めを優先してしまいました(失敗談)

12名での情報共有は大変。

しかも、全員、子育てまっ最中。
動機があいまいなまま、スタートし
結果途中でやめてしまうお母さんが続出。

モチベーションの源泉がどこにあるのか
探るまでにも至らず、
ただただ、目の前のことを
なんとかこなす日々が続きました。

スタートを急ぐ前に、チームメンバーの

働く目的と、
モチベーションの源泉を知る


これは、何よりも大切にしていきたいことだと学びました。

その、
モチベーションの源泉を探るのに欠かせないのが
文字に書きおこして
フィードバックしてもらうことです。

自分の日々の感情を言語化してもらうことで
モチベーションの源泉がどこにあるのか
見つける素材出しをしていきます。



 

まとめ

3つのポイントを通じて、
一体何をやっているかというと

それは一言、
信頼関係の構築
これにつきます。

そのために、
自分をさらけ出し、
相手にもさらけ出してもらうのです。

あなたがコミュニティを運営したいのならば、

何のために、
どんな目的で
コミュニティをつくるのか


あなたの想いを、言語化して、伝える

そんなあなたの想いに共感し
あなただから、一緒にやりたい!

そう思ってくれる仲間である事が
何よりも大事です。

急いては事を仕損じる

何のために、誰とやるか

これは永遠の課題であり
私は常にここを最重要視しています。

人とのつながりは、宝ですから!

「何かしたい」けど「今はできない」

なかなか新しい人生への一歩を踏み出せない
そんなあなたに

子どもと過ごす時間を自分でコントロールし、
自分の人生をワクワク前向きに生きていくためのヒントが詰まった


全73ページの限定ワークBOOK
をプレゼントします!

時間に制約のある子育て中だからこそ、
自分の人生を楽しく前向きに生きたい方に、ぜひ取り組んでいただきたいです!

無料ワークBOOKはこちらをクリック!

共感したら、はてなブックマークやfacebookのシェアで応援お願いします!